お彼岸とは、春と秋にそれぞれあり、春分の日と秋分の日各々を中日とした前後3日間:計1週間にわたって行われる行事です。この期間は、古来からお釈迦様の教えに基づいた仏道(ぶつどう)に精進する期間として位置づけられているもので、ご先祖様を偲ぶと同時に、自分が今、この世界に生きている事をご先祖様に感謝し、供養の法要やお墓参りをする事が習わしとなっています。
 成田山不動尊でも、春・秋のお彼岸の中日(春分の日/秋分の日)に大師堂において、法要を執り行っております。ご希望の方には、お塔婆(※)供養の申し込みを受け付けております。

お塔婆(おとうば)
故人が安らかに仏様の道へ入られますようにとの願いを込め、お供えする細長い板。その形は万物と仏様の象徴で、故人の戒名を記し供養する事で、仏様のもとへ行く事ができるとされている。

●日程:春分の日/秋分の日
●時刻:午前10時~
●場所:大師堂
●お塔婆料(経木塔婆):1体 1,000円

  • 初詣
  • 大般若転読付き大護摩供
  • 初不動
  • 節分祭
  • 星祭り
  • 厄除け祈願大祭
  • 交通安全祈願大祭
  • 彼岸会法要
  • 十三まいり
  • 花まつり
  • お手綱参拝
  • お盆行事
  • お手綱参拝
  • 大般若転読付き大護摩供
  • 交通安全祈願大祭
  • 彼岸会法要
  • 開創記念大祭
  • 七五三まいり
  • 11月
  • 七五三まいり
  • 納め不動