成田山不動尊で祈る年中行事

  1. TOP
  2. 年中行事
  3. 大般若経転読付特別大護摩供

大般若経転読付特別大護摩供

「大般若経(だいはんにゃきょう)」は、今から約1600年前に玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)(※)という名の中国の僧侶によってまとめられた、六〇〇巻からなる仏教の経典(お経)で、当時の中国からインドまでを旅して持ち帰った、多数の経典をまとめた物のひとつだと言い伝えられています。日本では聖徳太子が仏教を広めて以降、今日まで様々な願いが込められ転読(※)されてきました。

成田山不動尊では、午前11時30分から本堂において、お護摩の修行とともにこの「大般若経」の転読を行い、皆様の諸々の願いをご祈願させていただきます。
普段とは少し違う、日本古来の護摩供修行にご参拝ください。

玄奘三蔵

「西遊記」の話でおなじみの三蔵法師のことで、長安(中国の古都) から天竺(現在のインド)へ旅をして多くの経典持ち帰った高僧です。
我々がお唱えしている般若心経は、大般若経から重要な点をまとめたお経を玄奘三蔵が簡潔に278文字に漢訳したものです。

転読(てんどく)

字のごとく転がすように読経することから転読といい、扇を広げるかのように経典をめくり、力強く経題をお唱えします。当山では600巻の経典を分割して一斉に声を上げて読誦(どくじゅ)いたします。

日程
1月8日/5月8日/9月8日
時刻
午前11時30分~
場所
本堂

その他9月の行事

秋の彼岸会法要
秋分の日
秋の交通安全祈願大祭 
9月15日~11月15日
お手綱参拝
9月1日~30日
  1. TOP
  2. お知らせ
  3. 大般若経転読付特別大護摩供
ページトップ